受験資格を取りましょう

勉強する男性

義肢装具士とは端的に言えば、義肢を作ることを仕事にしている方のことです。事故や病気などによって手足を失った方は、それだけで生活が不便になっています。そのような方のために、替りになる義足や義手を作製し提供することを仕事にしています。しかし、そのような義肢が本人の体に合わないと使いこなせないので、意味がありません。また、体に不具合を起こすと、最悪の場合は体に支障をきたしてしまいます。なので、実はとても難しい仕事なのであり、専門的な知識と技術が必要になってきます。このような義肢装具士になるのは、国家試験に合格する必要があります。しかし、この国家試験は誰でも受験できるものではありません国家試験の受験資格を手に入れるには、高校を卒業した後にいくつかの方法があります。高校卒業から3年で義肢装具士の国家試験を受けるには、まずは専門学校に行くといいでしょう。文科省が指定した専門学校は義肢装具士を養成することができるので、そこで実践的な技術や知識を吸収して義肢装具士を目指すことができます。また、大学に入学するのもいいでしょう。指定された講義でいくつか単位を取得すれば、文科省が指定した義肢装具士の養成所に入ることができます。そこで義肢を作製するノウハウを学び、国家試験の勉強をすることが可能です。専門学校にせよ養成所にせよ、同じ夢を持った仲間がいるので、モチベーションを維持しながら国家試験への勉強を続けていくことができます。また、教える先生方は現役の義肢装具士やそのような仕事を経験したことのある方がほとんどなので、仕事の詳細を聞くことが可能です。