即戦力の技術が学べます

看護師

専門学校に通って看護師を目指すのは、いくつかメリットがあります。まず、大学に比べると学費がとても安いという点です。年間で数十万円違うことがあるので、経済的な事情がある方は専門学校で看護師を目指すことをおすすめします。また、基本的に看護師を養成する専門学校で学ぶ期間は3年間となってします。看護大学は4年間なので、同年に入学したら1年早く卒業することになります。そのため、大学に比べると1年分学費を払わずにすむという見方をすることも可能です。そもそも実は看護大学自体があまり多くありません。経済的な事情で一人暮らしができずに、実家からしか学校に通うことができないという方は、専門学校がおすすめします。専門学校の方が看護大学と比較して数が多く、地方にも進出しています。また、看護大学は受験が大変です。看護学科などがある国立大学を目指そうとすれば、相当な勉強量が必要になります。また倍率が高いので、ある程度の運も必要になります。このような点を大学と比較すると、専門学校はとても楽に入学できるといえます。また、入学後のメリットといえば、基本的に専門学校が実戦経験に重きを置いているという点です。看護大学は幅広い知識を要求されるため、看護にそこまで関係のない座学を学ぶことがあります。また、これらは卒業までに4年間という長さがあるからこそ実現できるものです。しかし、専門学校はそのような時間的余裕がないため、徹底的に実践的技術を学ばされます。そのため、卒業後の即戦力として優秀な方は専門学校卒といえるでしょう。